自分で選びたい!ガーデニング霊園を考えるための基礎知識


ガーデニング霊園のタイプ

ガーデニング霊園という言葉を聞いたらどんな霊園か想像できる方が多いのではないでしょうか。ガーデニングされた開放感のある墓地をイメージしませんか?一般的に規定はありませんが、屋内外にかかわらず、墓地の周りに花や植栽を植えられた墓地をガーデニング墓地といいます。屋外型では樹木を墓標代わりにし、その周りに埋葬する樹木葬を行うことができる霊園もあります。
ガーデニング墓地にも様々なタイプがあります。大きく分けると、開放的で公園のような屋外タイプと、雨天に左右されず天窓などから光を取り込む屋内型に分けられます。さらに自分でデザインを行うスタイルや和風、洋風など様々なタイプの墓地があります。

ガーデニング霊園の特徴

花が好きで、明るい墓地がよいという方はガーデニング霊園は魅力的ですね。しかし墓地を選ぶ上で気をつけないといけないこともあります。まず樹木葬の場合は、何人入るのかを考えないといけません。一人なのか二人なのかそれ以上なのか。それによって費用が変わってくるので、契約のときに今後のことまで考えておく必要があります。ガーデニング墓地であれば一般的な墓標があるために、家族で花を共有できます。また、ペットも可能な霊園もあります。自分の好みにするために、自分で墓地を用意することは終活に必要なことではないでしょうか。
家族がガーデニング霊園を希望した場合、お墓参りの仕方に困る方も出てくると思います。ガーデニング墓地の場合は一般的な墓地と同じで、掃除をして花や線香をお墓にお供えします。霊園によっては管理等で受付が必要だったり、花や線香を購入できたりするところもあります。公園のような霊園に癒されにいくのもよいかもしれませんね。

いせやでガーデニング霊園

おすすめ記事